「鹿児島の活火山」展

ただ今開催中の鹿児島大学総合研究博物館の企画展
【鹿児島の活火山】 に行ってきました。

九州にある5つのカルデラのうち4つは鹿児島県にあるという
火山無しでは語ることのできない鹿児島県。
といっても危険と背中合わせ!というわけではなく
他県では見られないほど豊かな恵みを火山からたくさん頂いている土地柄なのです。

夏休みに開催した「錦江湾海底物語」も
火山が創り出した特異な地形が育んできた生き物たちの写真展ともいえますね。

この「鹿児島の活火山」展では先ず、火山とは何ぞや、鹿児島の火山、
火山から頂いた恵みの数々などが紹介されていて、一つ一つがとても興味深いのです。

一口に‘溶岩’といっても含まれている成分や固まる過程で七変化し
中でもビックリしたのが「ペレー(火山の女神)の涙」と「ペレーの髪」。
なんとも粋なネーミングですが、これは両方とも溶岩!
女神がこぼした涙に相応しいほど美しい雫形と
本物のブロンドヘアーと見紛うてしまった金糸状の溶岩なんです。
自然の創り出す芸術品にはかないませんね。

他にも感動したのは、指宿権見神社近くの白土。
これは薩摩焼の上薬として用いられていた粘土質の白土なのですが、もともとは安山岩。
それが何万年もかけて粘土質化し、
上薬として使えるほどの白土と化していく過程が見られるのです!
薩摩焼が薩摩焼たる由縁も、この火山の恵みに満ちた土地柄ゆえなんでしょうね。
感無量です…。

その他にも、桜島の安永の大噴火を描いた木下逸雲の「安永噴火」(鹿児島県図書館蔵)や
平家物語に出てくる霧島の大噴火の一節、3万年前から現在までの地層や
桜島で観測中の地震のデータがオンタイムで見ることもできました。

活火山=桜島=火山灰=迷惑 という先入観がありましたが
火山に対する価値観が変わり、大きな感動をもらってくることができました。

【詳細】
 入場:無料
 期間:11月21日(金)まで
 時間:10:00〜17:00
 場所:鹿児島大学郡元キャンパス
    総合教育研究棟2Fプレゼンテーションホール

中間冊夫展 後期はじまりました

「‐生誕100年記念‐ 中間冊夫展」の後半が始まりました。
前半は人体表現を追及した大作を19点展示しましたが
後半は人体に限らず、中間冊夫には珍しい静物画や風景画を36点展示しています。
中でも旧加世田市の小湊の松林を描いた未完の作品は、今回が初の公開となります。

その作品の隣には
中間冊夫夫人で、同じく独立美術協会で活躍された女流画家
佐川敏子さんの作品も展示しています。
公私共に中間冊夫を支え、よきパートナーであった佐川敏子さんの作品は「夏みかん」。
無骨な中間冊夫を温かい眼差しで見つめている様子が伺える、そんな作品です。

さて、前回もご案内しましたが、
鹿児島市立美術館においても11月6日から中間冊夫展が開催されます。
先日、担当の先生とお会いして展示作品などをうかがうと、
当館とリンクする作品がいくつもありました。
 
《形B》市立美術館蔵
 《形A》当館蔵

  沖縄の亀甲墓と風景を描いた《荒地》市立美術館蔵
  沖縄の亀甲墓と今帰仁城への風景を描いた《道》当館蔵

  デッサン《服をぬぐ女》市立美術館蔵
  油彩(前半に展示)《脱衣》当館蔵   

などなど、市立美術館の開催も待ち遠しいです。
日本のフォービズムの画家、中間冊夫。
現在鹿児島市立美術館で開催中の

フォービズムを代表する画家ヴラマンクの特別展をご覧になってからお越し頂くと、
もっと面白い発見があるかもしれませんよ!

ヤゴ(?)

美術館の噴水は循環式のため
コケや藻が悩みの種。
今まで色々な手段を試してきました。

一番楽で効果的なのは、やはり除藻剤ですが、
「錦江湾海底物語」で海の環境を学ばせていだたいたので
どうしても使う気持ちになれません。

そこで、今回試しているのが納豆菌で水を浄化するというエコバイオブロック

除藻という面では大きな効果は見られませんが
水質環境は随分と良くなったようです。

最近では2週間ごとにタニシを30〜50匹捕獲、駆除。
今回はヤゴらしき生き物まで見つけました。

さすがにヤゴを駆除するのは可哀想なので、
そのままそっと帰し、餌用に(?)小さなタニシも少し残しておきました。

コケや藻が生えていると、水が濁って見た目は良くないですが
こうして小さな生き物を発見すると
何だか嬉しくなりますね。

それぞれの秋

「芸術の秋」「読書の秋」「食欲の秋」
皆さん、それぞれ素敵な秋をお過ごしのことと思います。

当館では「芸術の秋」はもちろんのこと、
実は「読書の秋」と「食欲の秋」 も満喫していただけるんですよ。

1階は薩摩焼展示室。
各窯ごとに分けてご紹介しています。
2階は絵画展示室。
小さな美術館ですので、1階を含め所要時間は20分ほどでしょうか。

ゆっくりと作品を鑑賞された後は
休憩コーナーで読書などいかがでしょうか。
画家の前畑省三氏より寄贈された 美術に関する本を
【 前畑文庫 】として来館者にご自由にご覧いただけるようにいたしました。

さて、「芸術」と「読書」で心が一杯に満たされたところで
次は身体も満たしたいですね。

美術館1階のカフェトワメゾンではランチのオーダーストップがPM3時。
ゆっくりとランチタイムをお過ごし頂けます。

帰りは隣のベーカリーでお土産に焼きたてパンをどうぞ。

秋晴れの爽やかな日に
身も心も満たされにいらっしゃいませんか?

雨の日の景色

またまた台風が急ハンドルを切って
鹿児島へ向って真っしぐらですね。

さて、当館の2階にある休憩コーナーは
南側が総ガラス張りになっていて、ちょっとしたテラス感覚です。

そこから見える風景は錦江湾と桜島…と言いたいところですが
写真のような甍(いらか)の波。
それはそれで風情があるものです。

とくに雨の日は屋根瓦がしっとりと濡れて、雨がつたい、
いつも「福田平八郎の‘雨’みたい…」と心密かに思っています。

その福田平八郎の‘雨’ですが、
ただ今 大分市美術館で展示されています。
この機会にぜひ本物にお目にかかりたいなぁ。

ご自由にお取り下さい

企画展を開催するにあたって、県内外の美術館、博物館に広報協力をお願いし
ご案内のチラシやポスターを送らせていただいています。

同様に、全国各地の美術館、博物館からも
1年を通して様々な企画展のご案内を頂戴します。

私たちも出来る限り足を運んで 勉強させてもらっていますが
時間的にも物理的にも伺えない企画展のほうが、残念ながら圧倒的…
せっかく招待券を頂戴しているのに、もったいない…

というわけで、美術館2階の休憩スペースに
他館の企画展案内と一緒に、頂戴した招待券、割引券も置かせていただいてます。

数に限りがあり早い者勝ちになりますが、どうぞ自由におとり下さいね。

「絵は売るために描くのではない」

本年は南さつま市(旧加世田市)出身の画家・中間冊夫氏の生誕100年にあたります。
これを記念して、当館では【 ‐生誕100年記念‐ 中間冊夫展 】を開催いたします。

第1回独立展から出品し続け、独立美術協会会員として
故郷鹿児島の画壇や後進の指導にも力を尽くされました。
戦後、生活が苦しい最中でさえ‘売る絵’を描くことはなかった中間冊夫。
その画家としての信念と、生涯をかけて取り組んだ人体表現の結晶の中間イズムを
この度、会期を前後半に分け、じっくりとご紹介致します。

前半: 9月11日(木)〜10月27日(月)
後半:10月30日(木)〜12月16日(火)

【完売しました】「桜島の海へ‐錦江湾生き物万華鏡‐」

この度の「錦江湾海底物語」へ行きたいけど会期中には行けない!
というお問い合わせ、ご感想などを頂いております。
もう少し長い期間開催できれば、より多くの方に見て頂けるのに…
と私達も残念ではあります。

そこで!
今回会場へお越しいただけない方のために
少しでも出羽さんの写真を楽しんでいただこうと
会場で販売しております出羽さんによる錦江湾の生き物の写真集
「桜島の海へ‐錦江湾生き物万華鏡‐」
を通信(?)販売させて頂くこととなりました。

本体価格2200円、(送料500円)送料520円になります。
ご購入ご希望の方は当館へ直接ご連絡下さい。
099(266)0066 FAX099(266)0086
メールmail@miyake-art.com

おかげさまで完売しました。ありがとうございました。

KTSスーパーニュースと特番

本日、KTSの荒井さんが取材にいらっしゃいました。
11月下旬に環境に関する特番があるそうで、
出羽さんを通して鹿児島の海をずっと取材されているそうです。
その一環として今回の写真展にも来て下さいました。

内容は11月のお楽しみですが
インタビューの一部がKTSのスーパーニュースで紹介されます。
放送日は今週のいつか・・・まだ未定ですが
今週中の放送は間違いないそうです。
ギャラリートークでの錦江湾の物語や企画展の様子など垣間見れますので
チャンスのある方はチャンネルを合わせてみてくださいね。

私たちにできること

企画展アンケートで一番多い感想は
「身近な錦江湾に、こんなにもたくさんの美しい生き物がいるなんて、知らなかった」
という‘意外な生き物の宝庫’という驚きです。

そして、次に多いのは
「錦江湾の生き物の環境を守っていかなければ・・・」
と環境へ配慮した、さらに1歩踏み込んだ感想です。

錦江湾の環境を守る!
といっても、個人の力ではなかなか湾岸工事は止められないし
地球規模の温暖化を止めることもできません。

でも、個人のほんのささやかな心遣いが
生き物たちにとって大きな意味があることも事実です。

例えば、鰓(えら)呼吸をする魚にとって界面活性剤は天敵!
鰓に付着してしまうと膜ができ、呼吸できなくなってしまうそうなのです。
私たちが洗剤やシャンプーなど界面活性剤の入っていないもの
あるいは、植物性の界面活性剤を使用しているものに変えるだけで
魚たちにとって、優しい選択になるのです。

文明の利器に頼り切っている生活を100歩譲って…
なんて、もう難しいし無理ですよね。
でも、自分なりに1歩譲って
デリケートな生き物に優しい環境づくりをお手伝いしてみませんか?