展示中作品一覧

・夏季企画展「TANIYAMA ART SCENE」展示作品は下記のとおりです。

134a8587768b9a06e87b6f31cab2db9e-2

・焼物展示室の展示作品…準備中
 長太郎焼コーナーの入れ替えを行いました。

・その他展示中の絵画作品は下記のとおりです。
 「いのちの誕生Ⅱ」前畑省三、2014年
 「道」中間冊夫、1983年
 「人物」河瀬正幸、制作年不詳

 なお、「TANIYAMA ART SCENE」会期中は海老原喜之助作品の展示はございません。ご不便をおかけしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。

移動図書館

本日当館前に来ているのは鹿児島市立図書館の移動図書館わかくさ号です。
当館前には2~4週間ごとの月曜日13:50~14:20に来てくれます。

今後の日程は
5月27日、6月10日、6月24日、7月8日、7月29日、8月19日
9月2日、9月30日、10月21日、11月11日、11月25日、12月9日
12月23日、2月3日、2月17日、3月17日、3月31日 です。

どなたでも利用できますので、ぜひ気軽に足を運んでみて下さい。

開花宣言

連日木の芽流しの雨が続いておりますが、当館前のソメイヨシノは昨日から開花が始まりました。

ただ今、収蔵庫の改修中工事のため臨時休館中でご迷惑をおかけしておりますが、4月1日から開催の「海老原喜之助・吉井淳二 誕生120年-郷土画壇を支えた友情展」の準備を併せて鋭意作業中です。

4月1日にはちょうど満開の見頃を迎えていることと思いますので、ぜひ足をお運びください。

展示替え休館のお知らせ(3/18~3/31)

展示替えおよび館内整理のため、下記の期間臨時休館いたします。
3月18日(月)~3月31日(日)

4月1日(月)より「生誕120年 海老原喜之助・吉井淳二~郷土画壇を支えた友情~」展、および「没後20年 金城次郎」展を開催いたします。
ご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

【終了しました】「ミュージアム 干支コレクション アワード」に参加しています

本日より、ミュージアム情報サイト「インターネットミュージアム」にて、
干支の入った館イチオシ収蔵品の紹介企画「ミュージアム干支コレクションアワード」が開催されています。
当館も「無地龍巻花生」(薩摩・竪野系 19世紀)でエントリーしています。

優美なフォルムの花生に巻き付きながら、鋭い眼差しでお互いをにらみ合う昇り龍と降り龍。牙や足先まで神経の行き届いた丁寧な造形と、今にも相手に飛びかかりそうな躍動感あふれるポージングが印象的です。

本企画ではお一人1日1回、お好きな作品へ投票が可能です(1/25(木)15時まで)。
龍を題材とした魅力あふれる作品との出会いを楽しみながら、よろしければ当館の「龍」にもご投票いただければ幸いです。

→インターネットミュージアム「ミュージアム 干支コレクション アワード」はこちら
→当館のエントリーはこちら
また、1月6日(土)より展示いたします。

本日いよいよ「2023かごしま総文」開幕

本日より、2023かごしま総文(第47回全国高等学校総合文化祭)が開幕します。都道府県代表の高校生約2万人が全国から集まり、美術・工芸、吹奏楽、郷土芸能など計22部門(規定部門19、協賛部門3)での発表などが開催されます。本日午後からの開会式・パレードを楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

さて、当館でも協賛企画として「そらと大地」展を開催中ですが、かごしま総文参加者の方(参加証をお持ちの方)は無料でご入館いただけます。

ぜひ、作品の壮大な世界観を味わってください。

御衣黄桜

ソメイヨシノが満開を迎え、少しずつ散り始めてきました。
そして御衣黄桜は枝先のつぼみが開花し始めました。
今年はつぼみの数が少なく、例年のような花づきは期待できませんが、
来週あたりが見頃となりそうです。