ギャラリートーク開催しました

7月10日は鹿児島県下で大雨特別警報が発令されましたが、安藤徹写真展「藍の刻」は無事に初日を迎えることができました。
ギャラリートークも14:00~と18:00~の2回とも多くの方にご参加いただきありがとうございました。

お昼の部は一般向けのギャラリートークでしたので、海の中の様子や、海中ではどのようにして撮影するのかなど基本的なお話しをしていただきました。

そして、チューク州では日本とかかわりの深い海中遺跡があり、条例で当時のまま保護されていること、それが漁礁となり生物多様性を育んでいること、経年劣化で沈んでいる船から油が漏れて海洋汚染の懸念があることなど、私たちがなかなか知ることのない貴重な話に皆さん聞き入っていました。

そして最後は企画展図録に安藤先生のサインを求める方が多く、サイン会&質問攻めとなっていました。

18時からのギャラリートークはダイバー向けでしたので、海や水中撮影の基本的な知識を持っていらっしゃることをふまえて、専門的な内容でお話しいただきました。
ダイビングは専門的な知識と判断力、それに伴うダイビング技術を備えていないと命に直結するスポーツなんですね。そのような状況の中で撮影していることを理解して作品をあらためて鑑賞すると、水中写真家の凄さを実感します。

いよいよ明日からです

安藤徹写真展「藍の刻ー写真で巡る海中遺跡と豊かな自然」は
いよいよ明日からスタートです。
昨日は、安藤先生の作品をプリントしていただいた富士フイルム イメージングシステムズ株式会社の本社から、Zoomで安藤先生への取材がありました。
インタビューの内容は写真業界向けのサイトに掲載されるそうなので、残念ながら一般公開はされませんが、取材の雰囲気を少しだけ。

安藤先生のお話をお聞きになりたい方は、明日の18:00~のギャラリートークに少し空きがありますので、ぜひお申し込みください。

Zoomでインタビューを受ける安藤先生
展示室入口で記念撮影

安藤徹写真展「藍の刻」でのお願い

当館では、美術作品に害をおよぼす害虫やカビを誘引する原因となる
花や植物(生花、鉢植え、ドライフラワーやプリザーブドフラワー等の加工した花を含む)、および食品類のお受け取り、お預かりはお断りしております。
安藤さんの作品保全のため、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

鋭意準備中です

7月10日(土)から開催の
安藤徹写真展「藍の刻-写真で巡る海中遺跡と豊かな自然」の準備が始まりました。
写真家の安藤さんご本人にもお手伝いいただき、鋭意展示替え中です。

今まで油彩画が展示されていた展示室が一変して海中モードへ変身していきます。
全部で42作品。お楽しみに。

三宅美術館特別企画展「安藤徹写真展 藍の刻」―写真で巡る海中遺跡と豊かな自然―

「安藤徹写真展 藍の刻」ポスター

概要

日本から南に約3,500キロ。太平洋に浮かぶ小さな島々からなるトラック諸島(現ミクロネシア連邦チューク州)には沈没した日本の船と豊かな自然が共存する、不思議な風景が広がる場所があります。ミクロネシア連邦チューク州には、数奇な運命で沈没した日本の船が海中遺跡として保護され、色鮮やかなサンゴや魚類に囲まれて眠っています。
 本展では、トラック諸島の海中遺跡を撮影し続けている鹿児島県在住の写真家・安藤徹氏の写真作品を展示します。
 作品鑑賞を通じて、沈没船と自然が織りなす独特の風景の美しさを味わい、海中遺跡の保護の必要性や、美しい景色を支える生物多様性の大切さについて理解を深めて頂きたいです。また、海中遺跡の辿った物語について思いをはせてみてください。

会 期 :2021年7月10日(土)~2021年10月26日(火)〈会期を延長しました〉
会 場 :三宅美術館2階絵画展示室
入館料 :一般300円、70歳以上100円、障害者手帳保持者・大学生以下は無料
主 催 :一般財団法人三宅美術館
協 力 :鹿児島市文化芸術活性化補助金採択事業
特別協力:船の科学館「海の学びミュージアムサポート」

公式サイトにリンクします
公式サイトにリンクします

写真家紹介

安藤 徹(あんどう とおる)
1955年宮崎市生まれ。1998年スクーバダイビングインストラクターを取得し、同年ダイビングショップla・bombaを鹿児島に開設。坊津(南さつま市)と桜島周辺(鹿児島湾)をメインポイントとして、今日までガイド、プロダイバーの育成、アマチュアダイバーの継続教育等を行っている。特に水中環境保全啓蒙に力を入れており、ショップ開設以来、海浜および水中の清掃活動を続けている。水中写真は1995年から国内外を問わず撮影を続け、ライフワークとなっている。

関連イベント

安藤徹氏によるギャラリートーク
第1回 2021年7月10日(土)14:00~ 申し込みの受付は終了しました
第2回 2021年9月9日(木)(延期)14:00~  申し込みの受付は終了しました
定員:20名(要電話予約・先着順)
参加費:入館料のみ

ビーチクリーンアップ
日時:2021年8月11日(水)午前中
定員:20名(要電話予約・先着順)
参加費:不要
場所:坊津海岸(la・bombaスノーケリング&スクーバダイビングパーク)
定員に達しました、有難うございました。

*新型コロナウイルスの感染状況によって、参加者を鹿児島県内在住者に限定させていただく場合があります。

開催中の「カンヴァス・フライト」展から

九州経済研究所から発行されている情報誌「KER」4月号に
当館で開催中の 絵画で旅する「カンヴァス・フライト」展から
鳥海青児(ちょうかいせいじ)の「石像」が紹介されています。


インド西部のピタルコーラ遺跡の風化した石像を描いた1970年作の油彩画です。

大地や石材の質感が伝わるマチエール(絵肌)には、鳥海ならではの工夫が施されています。ぜひ本作品でピタルコーラ遺跡の風を感じてみてください。

御衣黄桜、今年も無事に咲きました

今年も無事に美術館前の御衣黄桜が咲きました。
咲き始めは緑。これから白くなり、内側から段々濃い桜色に染まり、白い部分が無くなると花ごと落ちてしまいます。
日々変化する御衣黄桜はこれからが見頃です。

さて、本日より「カンヴァス・フライト」展(絵画展示室)、「旅する焼物」展(焼物展示室)が始まりました。
コロナ禍で思うように旅行のできない昨今、旅をした気分になっていただける作品を展示しています。
ぜひ御衣黄桜の見学を併せて足をお運び下さい。

「旅する焼物」展

1階焼物展示室では、キャンバスフライト展にちなみ、「旅」を連想する焼物を展示します。輸出された国から鹿児島へ戻ってきた「里帰り薩摩」や、旅のお供として作られた徳利など、どのような旅をしてきたのか、どのような旅のお供をしてきたのか、作品から想像してみてください。

「カンヴァス・フライト展vol.1 絵画で楽しむ世界旅行」のご案内

新型コロナウイルス感染症にともない旅行が制限される昨今、当館では年間シリーズ展「カンヴァス・フライト」を開催し、国内外の美しい風景を描いた作品で、お客様に旅行気分のひとときをご提供致します。
第1弾となる「絵画で楽しむ世界旅行」展では、世界の名所、旅先の人々を描いた絵画や、旅を連想させるモチーフの焼物を紹介します。

会期:4月1日(木)~6月29日(火)

展示作家:稲葉実 栗原喜依子 桜井寛 藤田謹三 鳥海青児 長尾淘太 前畑省三(50音順)

団体見学がありました

先日、谷山校区女性学級の皆様に御来館頂きました。

谷山の名工・長太郎焼の作品を改めてじっくりご覧頂きました。

また企画展「こどもへの眼差し」で展示中の、様々なタッチで描かれたこどもたちの姿にみなさま癒されていたようです。
コロナ禍により生涯学習活動も何かと制限が多い昨今ですが、
鑑賞を通じて、少しでも気分転換していただければ幸いです。