坂田燦の「おくのほそ道」版画展・・・後期スタート

本日より,坂田燦の「おくのほそ道」版画展の後期がスタートしました。
前期より15点の作品を入れ替え,新作も展示されています。
ぜひご来館ください。
*なお前期ご来館いただいたお客さまは,前期の入館券をご持参いただくと,入館料を割引いたします。

また,9/17(日),10/15(日)には坂田燦のギャラリートークもございます。
予約不要,入館料のみでご参加いただけますので,たくさんのみなさまのご来館をお待ちしています。

カフェトワメゾンとのコラボメニューのご紹介

坂田燦の「おくのほそ道」版画展の開催にあわせて,美術館併設のカフェトワメゾンでは,「チョコバナナのミニパフェ風」という企画展コラボメニューをご提供中です。

「おくのほそ道」は俳人松尾芭蕉の作であることから,芭蕉=バナナにちなんで,コラボメニューが開発されました。

香り高いベルギー産のチョコレートアイスにたっぷりのバナナを混ぜ込み,ミニパフェとは言え,ボリュームたっぷりの一品になっていますので,ぜひご賞味ください。
ご提供は8/31までを予定しています。

坂田燦の「おくのほそ道」版画展 三宅美術館開館30周年企画展Ⅰ 


のたび開館30周年を迎えるにあたり,三宅美術館開館30周年企画展Ⅰとして
熊本県在住の作家 坂田燦(さかたあきら)氏の「おくのほそ道」版画展を開催いたします。

坂田氏は27年前から「おくのほそ道」を辿り,芭蕉が詠んだ俳諧の心象風景を版画作品と
することをライフワークとしています。本展では今年の新作2点を含む50点を前後期に分けて
展示いたします。また,会期中は坂田氏によるギャラリートークを4回開催いたしますので
ぜひご参加ください。

【会期】
前期:2017年7月30日(日)~9月12日(火)
後期:2017年9月14日(木)~10月31日(火)

【ギャラリートーク】
7月30日(日)午後2時~
8月17日(木)午後2時~
9月17日(日)午後2時~
10月8日(日)午後2時~

【休館日】
毎週水曜日,8月14日(月),8月15日(火)
【展示替えに伴う臨時休館】
7月20日(木)~7月29日(土)

「山を描く」展のご案内

201612_%e5%b1%b1%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f_a4

年明け1月5日より「山を描く」展を開催しております。
鹿児島の人々にとっては日常的で、ある意味単純なモチーフとも言える「山」。
だからこそ、作家の個性が際立つ展示となっております。
ぜひお立ち寄りください。

会期:平成29年1月5日(木)~4月17日(月)
休館:水曜日

「秋の常設展」

秋の常設展
「秋の常設展」では当館の収蔵品の中から
秋から冬にかけての風景や情景を描いた作品を展示します。
見慣れた秋の光景や,作家の目を通して表現されたいつもと少し違う風景など,
23点の作品からみなさんの秋を探してみてください。

会期:9月8日(木)~12月23日(金・祝)

「海から生まれた作品展」

s海から生まれた作品展チラシ

私たちの住む鹿児島県は,鹿児島湾(錦江湾)・東シナ海・太平洋と
それぞれ表情の異なる3つの海に囲まれています。
山と海を同時に望めたり,海の見える日常を送る生活は
当たり前のようでいて実は地理的に鹿児島県特有の風景なのかもしれません。

本展では海をモチーフとした作品や海から着想を得て生まれた作品などを展示します。
様々な海の表現と海に関わる日常から生まれた作品をご覧下さい。

会 期:7月14日(木)~9月5日(月)
休館日:水曜日,お盆(8月13日~15日)
会期中,中学生以下は入館無料

「春の常設展」

春の常設展
本日より「春の常設展」を開催しております。
当館の絵画・焼物の収蔵品から代表的な作品,
今まで展示する機会の少なかった作品を展示しています。
ぜひお立ち寄りください。

会期:平成28年4月22日(木)~7月11日(月)
休館:水曜日(ゴールデンウィーク中も水曜日のみ休館)

「素描の魅力」展

素描の魅力展チラシ

 

次回企画展は、絵画並びに焼き物の企画展が年明けよりスタートいたします。       絵画企画展は「素描の魅力」展です。当館収蔵作品の中から素描、素描の作品に関連した油彩作品、水彩画、31点を展示いたします。線描の美しさや力強さ、色の濃淡が織りなす色彩の妙をご堪能下さい。

会期:平成28年1月4日(月)~4月19日(火)                        会場:三宅美術館2階絵画展示室

 

「郷土ゆかりの作家」展

郷土ゆかりの作家展チラシ画像

明治の日本洋画界は黒田清輝をはじめとする鹿児島県出身の画家たちがその中心となってリードしてきました。本展では,その後先人たちに倣って鹿児島の美術界をリードしてきた作家たちとその作品をご紹介します。

中間冊夫(なかまさつお)1908-1985
鹿児島県南さつま市(旧加世田市)出身。独立美術協会会員。武蔵野美術大学名誉教授。
川端画学校を卒業後,1930年協会研究所で中山巍,林武,里見勝蔵らの指導を受ける。
同郷の海老原喜之助と鹿児島での独立美術展開催など故郷鹿児島での後進の育成にも尽力した。

海老原喜之助(えびはらきのすけ)1904-1970
鹿児島市住吉町に生まれる。独立美術協会員。
川端画学校に入学するも藤田嗣治を頼って19歳で渡仏。10年後帰国。終戦翌年には鹿児島で
吉井淳二と共に南日本美術展を創設。また,熊本市に海老原美術研究所(通称 エビ研)を開設。東京やフランスで活躍しながら鹿児島の美術界に大きな影響を与えた。

長太郎焼(ちょうたろうやき)
ここ鹿児島市谷山の地に開窯された長太郎焼は,薩摩焼の堅野系の流れを汲む窯であり,
焼酎ブームで全国的に知られるようになったソロバンの珠型の黒千代香を発案した窯である。初代有山長太郎(1872-1940),二代正夫(1899-1988),三代流石(1908-1999),四代長佑(1935-  ),清泉寺長太郎明宏(1945-  ),指宿長太郎禮石(1949-  )と明治に灯った窯の火は現在も谷山と指宿で受け継がれている。

寺尾作次郎(てらおさくじろう)1898-1984
福岡県生まれ。陶芸家。図案家。画家の和田三造,陶芸作家の河井寛次郎に師事。
昭和15年鹿児島県工業試験場窯業部長に就任し,以後薩摩焼の研究,振興に尽力する。
晩年は谷山から紫原に居を移し,鹿窯を開いて伝統を踏まえながら現代的感覚の親しみやすい作品を多く手掛けた。

他 吉井淳二,岩下三四,矢澤一翠,前畑省三など

会 期:9月12日(土)~12月22日(火)
休館日:水曜日(ただし国民文化祭期間中は水曜日も開館)

 

 

「-与論を描いた画家-池田政敏展」

ikedamasatositen
鹿児島県の南端に位置する与論島に生まれ,与論島を描き続けた画家 池田政敏。
周囲わずか23Kmの島が有するゆたかな自然,そこに育まれる生命,人々の日常を
愛した池田の温かなまなざしを通して描かれた作品は,私たちをユンヌ(与論)の
世界へといざなってくれます。

本展では初期から晩年までの油彩画を24点を展示いたします。
期間中,中学生以下は入館無料となっておりますので,ぜひ親子でご覧下さい。

<池田政敏(1938-2013)>
鹿児島県大島郡与論町に生まれる。「ヒカリレストラン」を営む傍ら独学で
水彩画・ 油彩画を描く。白日展奨励賞。名瀬市美術展覧会奨励賞。
白日会会友。与論町栄誉町民。 その他日展、白日展、県美展で入選。

<展示作品>
熱帯の魚達(2002)第78回白日展佳作賞
島の杜(1997)  第17回名瀬市美術展覧会奨励賞
漁具A(1993)  第40回鹿児島県美展初出品・初入選 他21点

【 会 期 】平成27年7月18日(土)~9月8日(火)
(ただし水曜日・8月14日~16日は休館)