没後50年海老原喜之助展 「進化しつづける筆致」ギャラリートーク日程変更のお知らせ

 このたび8月22日(土)に開催を予定しておりました、古家良一氏による「没後50年海老原喜之助展 進化しつづける筆致」ギャラリートークについて、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため9月12日(土)に日程変更させていただくことになりました。時間帯は予定通り14時から15時となっております。

 あわせて、参加方法を要予約(先着20人)とさせていただきます。

 当館電話099-266-0066(直通)まで、ご氏名・お電話番号・参加人数をお知らせいただけますようお願いいたします。なお、恐れ入りますが当館開館時間(10:00~17:00/水曜日を除く)中にお電話いただけますと有難く存じます。

 参加をご検討頂いているお客様には大変お手数をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますよう、お願い申しあげます。

三宅美術館周辺の交通規制について

三宅美術館周辺では、令和2年11月30日まで水道管敷設工事による交通規制が予定されております。

お手数ですがご来館の際には、下記の地図にて交通規制の場所をご確認の上,必要に応じて迂回頂けますようお願い申し上げます。

なお、工事の詳細が判明致しましたら、順次お知らせ致します。

工事箇所

没後50年海老原喜之助展「進化しつづける筆致」

7月18日より、「進化しつづける筆致」展を開催いたします。
本展は、児玉美術館、長島美術館、三宅美術館の3館連携企画「没後50年海老原喜之助展」の第二弾となります。

当館所蔵の海老原喜之助の油彩画を中心に展示し、海老原の代名詞でもあるエビハラ・ブルーが描かれたパリ時代、帰国から終戦、熊本時代、逗子時代と画業の節目を4つに分け、時代と共に変遷する筆致を辿ります。
なお、会期を前期(7月18日~8月14日)、後期(8月17日~9月15日)に分け、一部展示替えをいたします。(38点中15点を展示替え。前後期の総展示数53点)

また、9月12日(土)午後2時から、元熊本県立美術館学芸参事の古家良一氏を迎え、ギャラリートークを開催いたします。

※日程を変更させていただきました

新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を施し、ご来館をお待ちしております。

★3館を巡るスタンプラリーも開催中!ぜひご参加くださいませ。

臨時休館のお知らせ

鹿児島県内の新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、7月6日~17日(金)まで休館とさせていただきます。病院、高齢者施設が併設されている環境のため、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、「没後20年矢澤一翠展」は7月5日をもって終了とさせていただきました。来館をご予定いただいていた皆さまには大変申し訳ありません。

7月18日(土)からは、「変化しつづける筆致―没後50年海老原喜之助展―」を開催いたします。

詳細は当館ウェブサイトでご確認をお願いいたします。