所蔵品展「動物たちのおしゃべり」開催のお知らせ

〈企画展名〉動物たちのおしゃべり展

〈会期〉2022年7月16日(土)~10月2日(日)
※新型コロナウイルス感染症の流行状況によっては開館予定を変更する場合がございますので、当ホームページにてご確認のうえご来館ください。
〈概要〉
 人類最古の絵画・洞窟壁画に動物が描かれていたように、美術と動物は深い関わりがあり、また現代でも多くの芸術家が動物をモチーフとして創作活動を行っています。
 本展では所蔵作品の中から、馬・牛・猫・鳥といった動物たちを個性豊かに描いた絵画作品を展示します。家畜と心を通わせた子ども時代の思い出をのびやかに表現した森長武雄、ふるさとの海で慣れ親しんだ魚やカニを生命力たっぶりに描いた中間冊夫の作品などが見どころです。
 動物の質感や表情表現等にみられる画家の個性を楽しんで頂ければ幸いです。


 

冬の常設展のご案内

本日より冬の常設展がはじまりました。
当館を代表する海老原喜之助や,長尾淘太,森長武雄,彼末宏,竹留一夫など,多くの作品を展示しています。
ぜひご来館ください。

冬の常設展は,本日11月4日(土)〜12月19日(火)までです。
*12月20日(水)〜2018年1月6日(土)は展示替えおよび年末年始休館となります。

【こどものいる風景展】より「こま」

2階絵画展示室で開催中の「こどものいる風景」展より
森長武雄先生の作品をご紹介いたします。

森長先生の作品は
故郷 徳島で過ごしだ少年時代を
動物や自然、友人と共に和やかに描かれた作品が多く、
時代も場所も違うのに どこか懐かしい気持ちにさせてくれるのです。

本日ご紹介する作品は「こま」

併せてキャンバス裏に記された詩もご紹介いたします。

「こま」
牛の草かりがすんだ
さあ こままわしだ
綱渡しだ
夕映えがまた光った
牛の白い目が
ゆっくりとこちらを向いた