ギャラリートーク:坂田燦の「おくのほそ道」版画展

昨日, 坂田燦の「おくのほそ道」版画展  の初日を無事に迎えることができました。
午後からは坂田氏によるギャラリートークが開催され
坂田氏の中学教諭時代の生徒さんから近所の中学生まで
展示室がいっぱいなるほど多くの方がお越しくださいました。

版画制作から松尾芭蕉の話まで,1時間があっという間に感じるほど先生のお話は面白く
興味深い内容でしたので,みなさんすっかり話に聞き入っていらっしゃいました。

次回ギャラリートークは8月17日(木)午後2時からです。
ご興味のある方はぜひ足をお運びください。
(予約不要)

坂田燦の「おくのほそ道」版画展より②

いよいよ明日から 坂田燦の「おくのほそ道」版画展 が始まります。
初日の明日は,午後2時から坂田燦によるギャラリートーク(作品解説)がありますので
ぜひ時間を合わせてお越し下さい。

さて,本日7月29日。
松尾芭蕉は山形県酒田市の最上川を訪れました。

暑き日を 海にいれたり 最上川
(最上川が一日の暑さまで海に流し込んだのか,
夕日が沈むと辺りが急に涼しくなってきたようだ)

陽が沈みゆく日本海に向かって流れ込む最上川が描かれています。
(*)本作品は後期日程(9月14日~)の展示になります。

酒田市はグリーンフラッシュ(緑の光線)が見られる確率が高いそうですね。
芭蕉も酒田の夕日が沈むとき,グリーンフラッシュを見たのでしょうか。

坂田燦の「おくのほそ道」版画展より①

7月30日(日)から開催の
坂田燦の「おくのほそ道」版画展 の準備が着々と進んでおります。

さて,本日7月24日は,5月16日に「おくのほそ道」に向けて江戸の深川を発った
芭蕉と弟子の曾良(そら)が山形県鶴岡市の湯殿山に入った日です。

その湯殿山で詠まれた句は
語られぬ 湯殿にぬらす 袂(たもと)かな  芭蕉
(神秘の出羽三山(羽黒山,月山,湯殿山)は修験道の山。
浄衣の白装束で歩き,やっと巨岩の頂きから熱湯が噴出する霊岩の御神体にたどり着いた。
他言無用の霊場。ふしぎなありがたさに感動し,涙で袂を濡らしてしまった。)

湯殿山 銭ふむ道の 泪(なみだ)かな    曾良
(参道入口で荷物や草鞋を置いて,裸足で御神体あたりの湯にひたしながら
お賽銭を踏み歩いて参拝。恐れ多い霊山の尊さに感涙した。)

これは,二人の句の情景を作品にした坂田燦の作品です。
芭蕉と曾良が湯殿山に畏敬の念を抱く様子が伝わってきます。
(*)本作品は後期日程(9月14日~)での展示になります