城ヶ粼悟展 -風の器- 

本日より【 城ヶ粼悟展 -風の器- 】が始まりました。

本展は2001年の城ヶ粼悟展(南溟館)以来8年ぶりの本格的な作品展となり
学生時代から最新までの作品を時系に沿って展示する初の作品展となります。
‘デフォルメの詩人’と呼ばれる城ヶ粼悟先生の独特の世界観が
どのような過程を経て生まれるに至ったのか。
学生時代の重厚なタッチ、パリ留学時代の写実的作品、それからデフォルメされていく対象。
情緒的なイメージが強い城ヶ崎作品の新しい一面をご覧いただける展示となっています。
また、作品ひとつひとつに城ヶ粼悟先生自作の詩がつけられていますので
併せてご覧いただくと一層作品の世界が広がります。


 

展示作品:「自画像」1968年、「びん‐1975」1975年、「国分の桜島」1985年
「Henri Goeztのアトリエに立てる白い裸婦」1980年
「種をまく人」1995年、「風の器」2007年、「独奏」2009年 他

会  場 : 三宅美術館2階絵画展示室
会  期 : 2009年4月24日(金)〜6月30日(火)
休 館 日: 水曜日(ただし祝日の場合は翌日)
開館時間 : 午前10時午後4時半
入 館 料: 一般300円、高校・大学生300円、小・中学生100円、70歳以上100円、
(*20名以上の団体は半額)

イベント : 『城ヶ悟氏によるギャラリートーク』
4月24日(金)10:30
5月10日(日)14:00
『マンドリンコンサート』
4月24日(金)14:00(時間変更あり)
『鈴木重子ミュージアムコンサート』
5月24日(日)18:00
『詩の朗読会と三味線ライヴ』
6月20日(土)14:00