坂田燦の「おくのほそ道」版画展・・・後期スタート

本日より,坂田燦の「おくのほそ道」版画展の後期がスタートしました。
前期より15点の作品を入れ替え,新作も展示されています。
ぜひご来館ください。
*なお前期ご来館いただいたお客さまは,前期の入館券をご持参いただくと,入館料を割引いたします。

また,9/17(日),10/15(日)には坂田燦のギャラリートークもございます。
予約不要,入館料のみでご参加いただけますので,たくさんのみなさまのご来館をお待ちしています。

坂田燦の「おくのほそ道」版画展 三宅美術館開館30周年企画展Ⅰ 


のたび開館30周年を迎えるにあたり,三宅美術館開館30周年企画展Ⅰとして
熊本県在住の作家 坂田燦(さかたあきら)氏の「おくのほそ道」版画展を開催いたします。

坂田氏は27年前から「おくのほそ道」を辿り,芭蕉が詠んだ俳諧の心象風景を版画作品と
することをライフワークとしています。本展では今年の新作2点を含む50点を前後期に分けて
展示いたします。また,会期中は坂田氏によるギャラリートークを4回開催いたしますので
ぜひご参加ください。

【会期】
前期:2017年7月30日(日)~9月12日(火)
後期:2017年9月14日(木)~10月31日(火)

【ギャラリートーク】
7月30日(日)午後2時~
8月17日(木)午後2時~
9月17日(日)午後2時~
10月8日(日)午後2時~

【休館日】
毎週水曜日,8月14日(月),8月15日(火)
【展示替えに伴う臨時休館】
7月20日(木)~7月29日(土)

色絵菊文甘酒徳利 「花に彩られた焼物展」より

1階焼物展示室で開催中の「花に彩られた焼物展」よりご紹介。
この菊の花が描かれている徳利は,
平佐(ひらさ)郷,現在の鹿児島県薩摩川内市で焼かれた磁器です。

平佐焼については→こちら


菊の絵付け部分から,くるっと180°回転させると文字が書かれています。
「肬(脇?)岡彦蔵」と読むのでしょうか。
彦蔵さんはこの徳利に絵付けをした人なのか,
あるいはこの徳利を発注して甘酒を楽しんでいた人なのか,
徳利を前に想像が膨らんでしまいます。

「花に彩られた焼物展」は7月18日(火)まで。

花に彩られた焼物展

花に彩られた焼き物展

桜をはじめ様々な花が咲き誇る季節。
焼物展示室では,春らしく美しい花々に彩られた焼物を展示しています。
金襴豪華な白薩摩や磁器の平佐焼など焼物の華やかな共演をお楽しみください。

会 場:1階焼物展示室,2階絵画展示室(一部)
会 期:平成29年4月20日(木)~7月18日(火)
休館日:水曜日

春の水彩画展

春の水彩画展

2階絵画展示室では,春らしく淡い色合いの水彩で描かれた作品を展示しています。
海老原喜之助,宮崎精一,矢澤一翠の人物画から前畑省三のフランスシリーズの風景画,
藤田嗣治,中間冊夫の海の生き物まで幅広い作品を収蔵品の中から,26点展示。
春の陽気のような温かな雰囲気の展示室にぜひお立ち寄りください。

会 期:平成29年4月20日(木)~7月18日(火)まで
休館日:水曜日

「山を描く」展のご案内

201612_%e5%b1%b1%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f_a4

年明け1月5日より「山を描く」展を開催しております。
鹿児島の人々にとっては日常的で、ある意味単純なモチーフとも言える「山」。
だからこそ、作家の個性が際立つ展示となっております。
ぜひお立ち寄りください。

会期:平成29年1月5日(木)~4月17日(月)
休館:水曜日

「秋の常設展」

秋の常設展
「秋の常設展」では当館の収蔵品の中から
秋から冬にかけての風景や情景を描いた作品を展示します。
見慣れた秋の光景や,作家の目を通して表現されたいつもと少し違う風景など,
23点の作品からみなさんの秋を探してみてください。

会期:9月8日(木)~12月23日(金・祝)

「海から生まれた作品展」

s海から生まれた作品展焼物チラシ

私たちの住む鹿児島県は,鹿児島湾(錦江湾)・東シナ海・太平洋と
それぞれ表情の異なる3つの海に囲まれています。
山と海を同時に望めたり,海の見える日常を送る生活は
当たり前のようでいて実は地理的に鹿児島県特有の風景なのかもしれません。

本展では海をモチーフとした作品や海から着想を得て生まれた作品などを展示します。
様々な海の表現と海に関わる日常から生まれた作品をご覧下さい。

会 期:7月14日(木)~9月5日(月)
休館日:水曜日,お盆(8月13日~15日)
会期中,中学生以下は入館無料

「海から生まれた作品展」

s海から生まれた作品展チラシ

私たちの住む鹿児島県は,鹿児島湾(錦江湾)・東シナ海・太平洋と
それぞれ表情の異なる3つの海に囲まれています。
山と海を同時に望めたり,海の見える日常を送る生活は
当たり前のようでいて実は地理的に鹿児島県特有の風景なのかもしれません。

本展では海をモチーフとした作品や海から着想を得て生まれた作品などを展示します。
様々な海の表現と海に関わる日常から生まれた作品をご覧下さい。

会 期:7月14日(木)~9月5日(月)
休館日:水曜日,お盆(8月13日~15日)
会期中,中学生以下は入館無料