北山の火振り

【開催地】日置市東市来町養母 北山集落(北山納骨堂広場)
【開日時】平成24年8月15日 午後7時〜
【指 定】日置市指定無形民俗文化財「北山の火振り」

毎年8月15日に北山自治会で行われる「北山の火振り」を見てきました。

「北山の火振り」は
その昔、北山殿と梅木殿が戦いに敗れた北山殿の霊を慰め、
精霊を送る行事と無縁仏を供養するためだと言い伝えられている。
現在は北山集落の青壮年を中心に毎年8月15日納骨堂前で行われ200年以上の歴史がある。
(東市来町教育委員会の解説より抜粋)

この行事は‘つが’を振るので火振りとよばれています。
つがとは、15日の朝に集落の竹林から切り出された5m程の孟宗竹の先端に
松明がくくり付けられたものです。
昔は松の根っこを1年かけて集め、それを松明として使用していたそうですが
現在は材料の調達が難しく間伐材が使用されていました。

日が落ちると、納骨堂前広場に掘られた穴に火をつけた つが を立て、
集落の男性たちが180度の弧を描くように振り始めます。

10m四方ほどの小さな広場で何本ものつがが勢いよく振られ、
見ている私たちの目の前を松明の火が行き交い、火の粉が降り注ぎ、
最後は松明ごと落ち、迫力と緊張感のある送り火です。

このつがを立てる穴は、納骨堂となる前にお墓があった場所なので
毎年場所と数は同じで、つがを振る人はその家の方だそうです。
県外に出ている人も15日には帰ってきて、ご先祖様のために火を振るのだそうです。

ちなみにお墓があった時代はお墓の横につがを立て、
振る人は墓石の上に立って振っていたらしく
不安定で落ちたり、火が落ちても逃げられなかったり
怪我人が絶えなかったとか。

最後は広場の奥に作られた櫓に火をつけます。
櫓にはお餅を竹に付けたものが四方に飾られ
てっぺんは弓矢に象られています。
この矢は北山殿が戦に敗れた梅木殿の集落を向いているそうです。

お餅飾りを作るのは集落の女の子の仕事で
集落の各家庭で作っておいたお餅を
当日いただいて回り竹に付けるのだそうです。

火をつけると勢いよく燃え盛る櫓に青年がのぼり
縁起物の飾り餅を取りにいき勇猛さを証明します。
青年がゴーゴーと燃え盛る火の中から無事戻ってくると
周囲からは自然と大きな拍手がわきました。

毎年40本以上のつが振られるそうですが、今年は例年より少なかったようです。

最後は花火で締めくくりでした。

中山の虚無僧踊り

【開催地】鹿児島市中山町 白山神社
【開催日】平成24年7月29日
【指 定】県指定無形民俗文化財「鹿児島市中山町の虚無僧踊」
     市指定有形民俗文化財「滝ノ下の田の神」

7月29日中山町にある白山神社で虚無僧踊りが奉納されました。
ここ谷山で唯一の県指定無形民俗文化財です。

谷山観光協会発行の「谷山の歴史と文化財」によると
 豊臣氏滅亡後その再興をはかり、農兵をおこそうとして棒術を教えたことから
 この踊りが起こった。
 幕末幕府の密使が虚無僧に姿をかえて村にはいり、無礼な振る舞いをしたので
 農民たちがあやしいと思い天秤棒でこれに打ち掛かって倒したことから
 この踊りが起こった。
と言い伝えられているようです。

また、農民が虚無僧に打ち掛かったが逆に切られてしまい
農民の血で赤く染まった場所が旧伊作街道の「赤土坂」である、
という方もいらっしゃいます。

中山の虚無僧踊りは、地元白山地区で生まれ育った青年によって
尺八、三尺棒を持った虚無僧1人 対 六尺棒を持った農民2人が1組となり
計5組で構成されています。

虚無僧と農民の切りあいが由来とあって
踊りというより「立ち回り」に近いと感じました。
テンポもだんだん早くなり、迫力のある奉納でした。

今年は虚無僧役のうち3人が地元の中山小学校の生徒さんで
練習期間はたったの5日間だったそうですが、
大人に引けを取らず虚無僧を立派に成し遂げていました。

これは白山神社の鳥居の足元にある「力石」です。
昔はこれを本当に持ち上げて力自慢をしていたそうですよ。

ちなみにこれは白山神社の西側、
滝ノ下地区にある田の神様(たのかんさぁ)です。
鹿児島市の指定有形民俗文化財です。

加世田の水車からくりと士踊り(さむらいおどり)

【開催地】南さつま市 竹田神社
【開催日】平成24年7月23日
【指 定】鹿児島県県指定無形民俗文化財「士踊 り(二才踊、稚児踊)」
     鹿児島県県指定有形民俗文化財、国選 択無形民俗文化財「加世田の水車からくり」
【演 目】「加世田別府城攻め」
【問合せ】0993-53-2111 南さつま市観光交流課

7月23日は南さつま市の竹田神社(御祭神は日新公 こと島津忠良)の夏まつりで
士踊りと水車からくりが奉納されました。
士踊りは島津忠良(日新公)が出陣の前に家臣に踊 らせたのが始まりとのことですが
島津貴久(忠良の息子)の没後、慰霊のために踊られるようになったせいでしょうか
士気を高める激しい舞いというよりも
ゆっくりと円を描いて歩いたり、左右に体を揺らしたりと、静かな所作の踊りです。

神社の前の広場には、神社前を流れる水路を利用した水車からくりが奉納されていました。
今年の演目は「加世田別府城攻め」でした。
水車を動力としたからくり人形は、全国でもこの加世田の水車からくりと知覧の水からくりの2か所だけなのだそうです。
加世田の水車からくりは知覧のよりも動きは単調ですが、人形は大きくほぼ等身大です。

竹田神社の士踊りは、老いも若きも地元の歴史と文化に誇りを持ち
地域一体となって受け継いでいるのが印象的でした。
最近は後継者不足で女の子も参加する行事が多い中
稚児も二才も男性・男の子だけで奉納さていました。

帰りは加世田麓(外城の城下町)を散策。
登録有形文化財の旧鮫島邸や旧鰺坂邸も公開されていて
水路脇を涼みながらしばしのタイムトラベルでした。

豊玉姫神社の水車からくり

【開催地】南九州市知覧町 豊玉姫神社
【演 目】「牛若丸と弁慶」
【開催日】平成24年7月9日、10日、21日
【指 定】国選択無形民俗文化財「薩摩の水からくり」
     鹿児島県指定有形民俗文化財「知覧の水車からくり」

知覧町の豊玉姫神社の水からくりを見てきました。
50ほどの人形は、からくりやかたの脇を流れている
水路で回る水車の動力で動き
神社の境内にある からくりやかた で上演されます。


水路の水量によって、水車の回転が速くなったり遅くなったりすると
人形の動きもリンクして速くなったり遅くなったりするそうです。

舞台下にある仕掛け部屋を覗いてみると
ちょうど保存会の方がいらっしゃったので
今年の演目の見どころを伺ってみました。
「今までの牛若丸は上下にしか動かなかったけれど、
 今回は上下の動きに加え、欄干から欄干へ飛び移る横の動きと
 飛び上がった時に足を前後に開脚する動きが加わり
 3D的な表現を実現したところ」と教えて下さいました。

昨年の「因幡の白ウサギ」も釣り人の腰の反り具合がリアルだったし、
年々進化しているんですね。

でも、複雑な人形の動きも、仕掛けはとても単純なんだとか。
「この2本の糸が牛若丸で、これが弁慶で…」
と教えていただきましたが、機械系に弱い私には
舞台上の人形とイメージが繋がらず
ちんぷんかんぷんでした。残念。

今年は7月21日にも上演されるそうです。

坊津の十二冠女

【開催地】南さつま市坊津町 八坂神社
【開催日】平成23年10月16日

10月16日は坊津の八坂神社の「ほぜどん」(豊祭)を見に行きました。

ほぜどんの浜下りは午後からなので
午前中は坊津やまびこ会開催の「坊津まち歩き」に参加。
この日は第15回目で「坊津と戦国の三傑の信長、秀吉、家康を歩こう」というテーマでした。


9時に輝津館をスタートして3時間じっくり解説を聞きながら坊津の史跡を巡り
最後は海を見ながら坊津団子やキビナゴの一夜干しなどを頂いて解散。
当日は見事な秋晴れで、歩きながら眼下に広がる澄んだ海に何度飛び込みたいと思った事か!

さて、ほぜどんですが、運動会みたいに午後1時半の花火の合図で始まりました。
港町で豊漁を祝う祭りでもあり、昔は遠方に出ていたカツオ漁船もこのほぜどんのために
わざわざ帰港してきたそうです

浜下りは坊津の3地区が持ち回りで、今年は上之坊地区担当とのこと。
前泊した上之坊の公民館から御神体が八坂神社に還ります。
行列の先頭には赤と黒のメンドンが先払いで歩いてきます。
各地区赤黒1匹づつで計6匹。
手に棒を持っていて子供たちのお尻をピシリと…
昔は叩いていたそうですが、今は当てるだけでした。

地元の女の子が「赤メンドンは怖くないけど、黒メンドンは怖い」と教えてくれましたが
結局子どもたちは赤黒問わず怖がって逃げ惑っていました。

メンドンと一緒に獅子舞もやってきます。
各地区から1頭づつで計3頭。
容赦なくかみつくので子供たちは本気で逃げていました。

その後から十二冠女が歩いてきます。
坊八坂神社のほぜどんは「十二冠女」と呼ばれていますが
この女の子たちのことです。
頭に載せている桶には沿道からお賽銭が入れられます。
昔は12歳の女の子が12人歩いたそうですが、今年は少子化で7人でした。

十二冠女の後から太鼓と笛が続きます。
中学生が1ヶ月前から練習するそうです。

それから神主さんや総代の皆さんの神輿がつづきます。
スーツでビシッときめて神輿を引く総代の皆さんは近寄りがたい風格がありました。

このほぜどん、使用される旗や鉾などは全て京都の八坂神社からの御下がりで、
昔は大人も子供も正装で参列していたそうです。


地元の方は「最近は正装をしない人が増えた」とおっしゃっていましたが
ヨチヨチ歩きの女の子は頑張って着物で歩いていましたし


メンドンに泣かされてる男の子はネクタイをしていました。


室町時代からづつくと言われる‘ハレ’姿の行列は、南国らしからぬ雅な雰囲気でした。

知覧町中福良の「ソラヨイ」

 

【開催日】平成23年9月12日
【開催地】知覧町立中福良小学校
【指 定】国指定無形民俗文化財「南薩摩の十五夜行事」
     県指定無形民俗文化財「知覧の十五夜そらよい」

知覧町永里中福良地区で十五夜行事「ソラヨイ」が行われました。

ソラヨイ会場の中福良小学校です。
十五夜のお供えは栗と親芋,すすきと萩でした。
臼と箕の間にすすきを横にして挟んでありました。

以前は20数カ所で開催されていたそうですが、
現在は知覧町の中部地区の4〜5カ所で伝承されているのみだそうです。
中でも中福良のソラヨイは古来の姿を一番残しているということで大勢の見物人がいました。

ソラヨイに参加するのはそもそも小学校高学年の男の子らしいのですが
少子化のあおりを受け今年は5歳から13歳までの男の子10人が参加していました。
子供たちは、褌、腰蓑、円錐形の笠の3点セットで扮し
年齢の若い子は褌とシンプルな笠だけ。
その上の子は褌と輪っかのついた笠。
さらにその上になると腰蓑が付き、笠の縁からは垂れ下りが付き
年が上がるほど笠の輪っかの数が増えます。

子どもたちは神事を終えると集落に行事の開催をふれて練り歩き
月が登り始めるとソラヨイが始まります。

先ずは円陣の中央となる、まるで藁積みのような笠が出てきます。

中には子供が入っていて(声から察すると13歳以上の男の子らしい)
傘の柄のようになている芯棒を時計回りに回します。
そうすると子どもたちが出てきて笠を囲み
歌いながら笠と反対まわりに回ります。

「今夜来んと、明日の晩な、麦藁三把、松明五丁、ホーイホイ」と歌っているそうです。
そして「ソラヨイ、ソラヨイ、ソラヨイヨイヨイ」
の掛け声で相撲の四股のように足を踏みならすことを繰り返します。

それから「ナカヨイ、ナカヨイ、ナカヨイヨイヨイ」で笠に近づき
「ソトヨイ、ソトヨイ、ソトヨイヨイヨイ」で元の円陣に戻る
を繰り返し、最後には笠を壊して倒し、退場です。

お囃子などは一切なく、真っ暗闇の中、
月明かりに照らされた子どもたちの姿はとても神秘的で
どこか異空間へ連れて行かれた気分になりました。

市来の七夕踊「太鼓踊」

【開催地】いちき串木野市大里地区
【開催日】平成23年8月7日
【指 定】国指定無形民俗文化財「市来の七夕踊」

市来の七夕踊「つくいもん」からの続きです。
「つくいもん」が登場した後は琉球王行列です。
義弘公の活躍を祝って貢物を持って来る時の様子だそうです。

琉球王行列の次は大名行列。参勤交代の様子を表しているそうです。

その次は薙刀行列。
この七夕踊りのメインである太鼓踊りの前払い、後払いの役目です。
薙刀行列は3つの地区で、それぞれ恰好も踊りも違い、
この地区は頭に毛笠を付けています。

そして、最後に市来の七夕踊りのメイン「太鼓踊り」です。


つくいもんが珍しく迫力があるので、ついそちらがメインだと思いがちですが、
つくいもんはあくまでも太鼓踊りの余興です。
頭には美しい花笠を付け、提灯を中心に円陣を組んで踊ります。


至近距離で人が群がっていますが、これは…


踊り手の「仰ぎ隊」です。


皆手に手に団扇を持ち、炎天下で踊りを奉納する踊り手に風を送っているのです。

この祭りで一番印象的だったのは、裏方さんも見学者も、
この祭りにかかわっている人たち皆が七夕踊りを誇りに思っていて
地域一体となって参加していることです。

数名の方にお話を伺うことができましたが
皆さん子供のころの話やこの祭りへの想いを熱く語ってくださり
このような祭りが身近にあることが羨ましくなりました。
昨年は口蹄疫で開催できなかったとのこと…。
きっと今年の七夕踊りには、思いもひとしおだったのでしょうね。

市来の七夕踊「つくいもん」

【開催地】いちき串木野市大里地区
【開催日】平成23年8月7日
【指 定】国指定無形民俗文化財「市来の七夕踊」

8月7日(日)いちき串木野市大里地区で「市来の七夕踊」が開催されました。
これは、島津義弘公の朝鮮の役での活躍を記念して踊られた事と、
大里地区の開田の祝いが始まりで、今年で326回目になるそうです。
鶴ヶ丘八幡神社で太鼓踊りが奉納された後
3つの地区で七夕踊りが披露されます。

何と言っても市来の七夕踊りといえば、先ずこの「つくいもん」です。
つくいもん(大きな張り子の作りもの)は、鹿、虎、牛、鶴の順に現れます。
骨組みは青竹、顔の部分は紙を張り、背は布で覆い、シュロで飾り、
腹の部分には山ブドウを半分乾燥させたものを下げています。
山ブドウは香りがよい、という理由で昔から使用しているそうで
地元の方たちは良い山ブドウがどこに生えているか
日頃から目を付けているそうです。

まず現れるのは鹿。
鹿は3人の鉄砲を持ったシカトイ(鹿捕り)と現れます。

鹿らしい躍動感のある動きや
シカトイに撃たれて仕留められるまでをユーモラスに表現します。
この鹿の中には4人の青年が入っていて、一糸乱れぬ足さばきです。

この日、鹿は川まで追い込まれていました。

次に現れる虎は鹿よりも大きく、中には8人、トラトイ(虎捕り)が4人です。

かなりの迫力で子供たちは逃げ回っていました。
中の様子が分かるでしょうか。
口を開けたり、舌を動かしたり、頭を担当している人はとても忙しそうです。

そして、つくいもんの中で一番大きな牛は総勢16人で担いでいます。

前後にウシツケ(牛使い)が1人づついます。


ウシツケの掛け声に合わせてつくいもんは前後に移動します。
牛が前かがみになる動作、重たそうです。


最後は鶴です。


餌撒きが先導し、後ろには鷹狩りの武士がついています。


この日は台風9号の影響で風が強く向かい風に悪戦苦闘しているようでしたが
餌の籾殻をついばんだり、羽をばたつかせたり
細かい仕草が丁寧に表現されていました。


最初に鶴が稲穂を運んできた、という伝説に基づいて
くちばしに稲穂をくわえています。
鶴の首の色をはじめ、つくいもんに使用している赤の彩色は
全てベンガラを使用しているそうです。


さて、つくいもんの次は琉球王行列がやってきます。
それはまた、次回ご紹介しますね。

飯倉神社の御田植祭

【開催地】南九州市川辺町 飯倉神社
【開催日】平成23年7月10日

7月10日、豊玉姫神社の水からくりを見た後に
南九州市川辺町にある飯倉神社の御田植祭まで足を延ばしてみました。
飯倉神社は樹齢1200年の川辺の大クス(県の指定文化財・天然記念物)がある神社です。
先ずは神社の境内で棒踊りが奉納されました。


この棒踊りは3つの地区が毎年交代で奉納するそうです。
それぞれ踊りや歌も異なるそうで
今年は松崎自治会の6尺と3尺の棒による踊りでした。


その後、猿田彦(ここでは五穀豊穣の神として)の先導で御神田に向い、
御神田の榎の木の前で神事を行いました。


この榎、以前は子供が木登りをして遊んでいたほど大きな木だったそうですが、
10年ほど前に強風で倒れてしまい、新たに植えられたものだそうです。


早乙女による田植えが終わると
再び猿田彦の先導で神社に戻り、拝殿で田の神さぁの舞が奉納されました。


田の神さぁは左手に鍬、右手に鈴を持ち
背中にワラつとを背負い
田起こしから稲刈りまでを舞います。
拝殿という空間のせいでしょうか、とても幻想的な舞いでした。

お下がりに頂戴したお豆です。

豊玉姫神社の水からくり

【開催地】南九州市知覧町 豊玉姫神社
【演 目】「因幡の白兔」
【開催日】平成23年7月9日,10日
【指 定】国選択無形民俗文化財「薩摩の水からくり」
     鹿児島県指定有形民俗文化財「知覧の水車からくり」

7月10日 南九州市の知覧町にある豊玉姫神社の水からくりを見てきました。
これは水車を動力として人形を動かすという
全国でもここにしかない珍しいからくり人形で
「薩摩の水からくり」として国の選択無形民俗文化財になっています。

今年は卯年ということで演目は「因幡の白兔」でした。
上演時間は5分ほどですが、鰐鮫の背中を右から左へ飛び移る兔
鯛と格闘する釣り人の腕や腰の動き
神様たちの個々の様子がユニークだったり驚くほど緻密だったり
思いもよらぬところから登場人物が現れたりと
飽きずに何度も見てしまいました。

舞台下のからくりも一般公開されていて誰でも見ることができました。
コンピューターのない時代に小さな水車の動力一つで歯車やてこ、
重しを付けた糸を毎年演目ごとに組み合わせ、
人形個々の複雑な動きを演出する先人の技に感服しました。

ちなみに、現在は使用されている糸は漁網のようなものでしたが
昔はクジラの髭を使用していたそうです。

8月15日(終戦記念日)9時〜20時にも特別上演されますので、
興味のある方はぜひご覧になってみてください