妙音十二楽

12107785_879307095486604_2955598432711706355_n
【 開催地 】日置市吹上町田尻 中島常楽院
【 開催日 】毎年新暦10月12日
【開催時間】
午後1時~1時45分 妙音十二楽法要
午後1時45分~2時 奉納さつま琵琶
午後2時~2時15分 宝山検校墓前供養
【 指 定 】
妙音十二楽 鹿児島県指定無形文化財(芸能)
中島常楽院 鹿児島県指定記念物(史跡)
薩摩琵琶  鹿児島県指定無形文化財(芸能)

10月12日、日置市吹上町の中島常楽院で妙音(みょうおん)十二楽が行われました。

妙音十二楽は、1196年島津氏初代忠久に従って京都から薩摩に下ってきた常楽院第十九代住職 宝山検校(ほうざんけんこう)によって伝えられたとされています。
琵琶、笛、太鼓、手拍子、妙鉢(シンバルのような打楽器)、銅鑼、大法螺、小法螺の8種の楽器で演奏されます。
盲僧が琵琶の伴奏で釈文を読み続け、釈文の節ごとに合奏が入ります。
11226563_879307132153267_4501403729405058788_n
『続 常楽院沿革史』によると十二楽には「松風」「村雨」「杉の森」「軒ノ水」「五調子」「忘れ撥(ばち)」「七つ撥」「八つ橋」「六調子」「盤渉(ばんしき)」「鳳の声」
「後生楽」の十二曲が伝えられているそうです。

釈文は「うちまき」「年号」「妙音の巻」「わたまし」「釈迦の段」「琵琶の釈」
「はんごんの釈」「本経(ほんぎょう)」「夢の段」「星の段」「回向」の十二種だそうです。

参考:妙音十二楽保存会発行資料

10341434_879307165486597_1494802767996845400_n
妙音十二楽の後に、中島常楽院が発祥とされている薩摩琵琶の演奏がありました。
仏堂の宝山検校に向って演奏されるので、見学者は演者の後ろ姿を見ながら聞くことになり
とても新鮮な経験でした。この日演奏された「蓬莱山」という曲は「君が代」のもとになったといわれているそうで、確かになじみのある歌詞がところどころうかがえました。

12074739_879311975486116_1954603181769943912_n
境内の仁王像には、近くの大汝牟遅神社(おおなむちじんじゃ)と同じように貝殻が供えられていました。吹上浜の砂は盛られていませんでしたが…。

帰りにその大汝牟遅神社へ寄ったところ、大クスの鳥居が経年劣化で危険とのことで撤去する瞬間に居合わすこととなりました。
12088228_879308282153152_2381593744011219336_n

12115483_879308358819811_485321673842869618_n
12079422_879308415486472_555235761092028567_n
鳥居を再建する予定は無いとのことで、最後の姿を目に焼き付けることができました。

鹿児島の十五夜行事

19日は各地で十五夜行事が行われました。

鹿児島では,一般的に十五夜の夜は綱引きと相撲が行われます。
南さつま市のように独特の風習がある地区もありますが,
一般的には各家庭でお供えをして,地区では綱引きと相撲をします。

当館のある谷山の辻之堂地区はどのような十五夜が行われていたのか
地元の方に伺ってみました。

まずお供えですが,臼の上に農具の箕を置き,そこに季節の果実や月見団子
ススキや萩の花を供えます。
鹿児島独特のお供えは,升に乗せられた里芋の親いもです。
これは子孫繁栄の願いが込められており,
現代でも変わらず供えられています。

行事の方ですが
戦前までは辻之堂地区と隣の原口地区と合同で十五夜行事を行っていたそうです。
辻之堂は昭和30年代まで水田が,原口地区は畑が広がっていましたので
十五夜の時期は辻之堂の稲わらで綱引きの綱を練ったそうです。

十五夜の縄練りは南さつま市で今でも見ることができますが
ここ谷山では綱練りはもう行われていません。
綱練りはやぐらを組んで,そこに綱を掛けて練っていく作業です。
綱練りと綱引きを行っていた場所は当館の東よりの麓地区との境あたりだったそうです。
綱引きは大人も子供も参加して,唄を歌いながらにぎやかに行われていたそうです。
ちなみに,辻之堂と原口地区の十五夜行事に相撲はなかったそうです。

(綱引きと綱練りが行われていた通り)

面白いのは,通りをひとつ隔てた麓地区(郷士居住地区)では
稲わらが地区内で手に入らないことから
十五夜はお供えをするだけで綱引きや相撲などは行われなかったそう。
違う地区の行事には参加資格がないので
いつも辻之堂と原口の綱引きを見学だけしていたのだそうです。

綱引きを終えた後の綱は,50センチほどに裁断し,
馬や牛のエサ,燃料にしたそうです。

ちなみに坊津の十五夜綱引きは有名ですが
漁村なので稲わらではなく茅で綱を練っています。
終わると50センチほどに裁断し,翌日入札が行われ
落札された茅の綱は畑の堆肥になるのだそうです。

戦後は小学校のあいご会が主催となって十五夜行事を行うことになったので
麓地区でも公民館で綱を練って,それを小学校まで引きずって辻練りをして
綱引きと相撲を取っていたそうです。

以下は谷山観光協会が発行している「谷山の歴史と文化財」より
谷山の十五夜綱引唄(作詞 黒木弥千代氏)をご紹介します。

綱はサーヨン サーヨン サーヨンヨイ
今年は十五夜ん綱は三十三尋半(ぴろとかけ)
揃ろた揃ろたよ 引き子が揃ろた
稚児は鉢巻き おごじょはたすき
月は出た出た東の空に
十五夜お月様今出やった
月の光にチンチロリンがおらぶ
まぎれまぎれよ一本松まぎれ
蛭子塞神(えびすさいのかみ)さんにお願をかけて
今夜の綱引きは柳右衛門さんに見せろ
臼に箕を乗せ お餅をそえて
魚もとれもした 港は祭り
月の七つ島 流しの夜船
飲めや歌えや お月さんも踊れ

南薩摩の十五夜行事「上ノ坊の火とぼし」


【開催地】南さつま市坊津町上ノ坊地区 坂之上、上ノ坊公民館
【開催日】毎年旧暦8月15日 午後7時頃
【指 定】国指定重要無形民俗文化財「南薩摩の十五夜行事」

9月15日南薩摩の十五夜行事の一つ「火とぼし」が行われました。
本来は十三夜から十五夜までの3日間行われるものだそうですが
現在は人手不足のため十三夜だけになったそうです。


夕方から茅とダンチク(上ノ坊では‘ダレッガヤ’という)で
「バンガヤ」と呼ばれるものを作り、集落の道端へ置いていきます。
子供用と大人用があり、大人用は200キロはある、らしいです。

日が暮れると火とぼしが始まります。
場所は坂之上の呼ばれる集落と海が一望できる高台です。

火とぼしで使用する松明は、ダンチクを半分に割って寄せたものに火点け用の枯葉を詰め、
茅で練った縄でしばります。
神様の注連縄が左巻きなので、ここで使う縄は右巻きに作るのが決まりだそうです。

現在は集落の大人たちが松明を回していますが、
本来は‘大人’に昇格した15歳を含めた青年の役目。


14歳以下は椿の枝を持って、降り散る火の粉の消火隊です。
昔は14歳の中から1人だけ火とぼしが許されたそうで、
選ばれた14歳は鼻高々だったそうです。

火を回しながら
「十四は甘かで(半人前だから)火をまわせ」「火は見えたかー」と唄います。
この歌は「十四は甘かで塩まぶせ」という歌詞もあったので、
今年から「火をまわせ」に統一したそうです。
こういう唄は文字でなく口伝なので、少しずつ変化していくのでしょうね。

火とぼしが終わると、先ずは14歳以下の子供たちが唄いながら
子供用のバンガヤを担いで坂を下ります。

その後大人たちが大きなバンガヤを4〜5人で担ぎ、
上ノ坊公民館までの坂をバンガヤを担いで一気に登るのがクライマックスです。

本来このバンガヤは還暦を迎えた男性が担ぐらしいのですが、今年は男性が足りなく、
この行事が始まって以来初めて女性が加わっていました。

時代とともに祭りの形態は少しずつ変わっているようですが、
今後も伝承者が絶えない事を祈ります。

余談ですが、
以前この十五夜行事の中には15歳以上の青年に唄い継いだ歌がいくつかあったそうですが、
その内容は、いわゆる大人の仲間入りをした男の子への性教育なので、
最近は父兄からの苦情により伝承を止めたそうです。
昔の15歳が残念そうに話してくれました。

 

ヨッカブイ(高橋十八度踊り)


【開催地】南さつま市金峰町高橋地区 玉手神社
【開催日】毎年8月22日 午前9時頃
【指 定】国選択無形民俗文化財「ヨッカブイ」
     南さつま市指定無形民俗文化財「高橋十八度踊り」

8月22日南さつま市の金峰町高橋地区で、水難除けの祭り「ヨッカブイ」が開催されました。
この変わった名前は「夜着被り」が転じたそうです。

4〜6歳の男の子が扮する小ガラッパ(小河童)が高橋公民館から玉手神社まで練り歩き、そのおはやしとして地域の青年が夜着をまとい、シュロで頭を覆った大ガラッパ(河童)に扮します。

大ガラッパは手に持った笹で人々の頭を撫で水難を祓います。
子供たちは大ガラッパによって穀物袋に入れられ、玉手神社の水神前にある土俵まで持っていかれてしまいます。(時には小柄な大人も!)
悪い事をしないよう諭しているのだそうです。

神社では子供の悲鳴と泣き声、大人の笑い声が響き渡る中ガラッパ相撲が奉納され、
最後に大ガラッパが十八度踊りを踊ります。

これはヨッカブイが開催される高橋地区にある「矢石」です。
高橋地区の北東にある金峰山と南西にある野間岳は仲が悪く、
時々喧嘩をするらしいのです。
喧嘩をして野間岳が金峰山に向かって投げた矢石は届かず、
ここに落ちて刺さったのだそうです。

どちらも神社の御神体になっている山ですが
意外と大人げなくて、親しみを感じますね。

久見盆踊り【想夫恋】


【開催地】薩摩川内市 久見﨑(慶長征韓碑の広場)
【開催日】毎年8月16日
【指 定】鹿児島県指定無形民俗文化財

8月16日、薩摩川内市の久見﨑(ぐみざき)で「想夫恋」がありました。

「想夫恋」とは、保存会の資料によると、慶長2年(1597)島津義弘は当時の軍港だった久見から朝鮮半島に出陣しましたが、翌年多くの犠牲者を出し引き上げました。その後、義弘の子 家久がこの戦いで戦死した敵、味方双方の霊を慰めるため盛大な慰霊祭を行い、その時地元の未亡人たちが帰らぬ人となった夫たちを悼んで踊ったのが始まりだそうです。

踊り手の女性たちは、頭にお高祖頭巾を被り、浴衣に男物の黒紋付の羽織を着て、背中には脇差を差しています。この羽織と脇差は夫の形見を意味しているそうです。

踊りは哀調を帯びたゆったりとした踊りです。

「想夫恋」
盆の十四日に踊らぬ人は 木蓮尊者の掟に背く
殿のためなら涙は出でぬ 御霊祭りに盆踊り
切って供えし緑の髪は  亡夫も見てたも眉の露
お高祖頭巾に腰巻羽織  少しお顔を見とうござる
先を争うつわもの共が  鉄で固めたこの身体
盆の十四日の夜明けの鐘は あの世この世の扉が開く
寝ては考え起きては想う この身終わるまで君のため

正五九の引っ越し

当館近くのJR沿線では、区画整理に伴う引っ越しでみなさん大忙しです。
特に4月は翌月が正五九(しょうごく)にあたるので
月内に引っ越しできるよう頑張って準備されています。

正五九とは正月・五月・九月のことで
鹿児島では引っ越しをしてはいけない月とされています。
理由は諸説ありますが、旧暦で考えると5月、9月は田植えと刈入れの農繁期。
地域の人手を借りる事は、正月と農繁期は控えましょう、ということではないでしょうか。
(地域によっては結婚式も控えるところもあるので)

しかし、農業のサイクルとは関係のない生活を送っている現代では
なかなかそういう訳にもいきません。
そこで、どうしても正五九に引っ越しをしなければならない時は
前月に世帯主が新居に行って、履いて行った靴を置いてくると
その時点で引っ越ししたことになるようです。

鹿児島は今でも正五九月には引っ越しは減るそうですので、
気にしなければ仏滅の結婚式のように、案外狙い目なのかもしれませんね。

太郎太郎踊り、次郎次郎踊り

 

太郎太郎踊り
【開催地】 薩摩川内市高江町 南方神社
【指 定】 県指定無形民俗文化財
【開催日時】平成25年3月3日(日) 10:00

次郎次郎踊り
【開催地】 薩摩川内市久見町 諏訪神社
【開催日時】平成25年3月3日(日) 13:30

次郎次郎踊り
【開催地】 薩摩川内市水引町 射勝神社
【指 定】 薩摩川内市指定無形民俗文化財
【開催日時】平成25年3月3日(日) 13:50 

 

 

 

薩摩川内市へ五穀豊穣と安産祈願のお祭り
「太郎太郎踊り」と「次郎次郎踊り」を見てきました。

 

3月3日に開催されたのは
高江町南方神社の「太郎太郎踊り」(鹿児島県指定無形民俗文化財)
久見町諏訪神社の「次郎次郎踊り」
水引町射勝(いすぐる)神社の「次郎次郎踊り」(薩摩川内市指定無形民俗文化財)です。

 

太郎太郎も次郎次郎も最初に神事が執り行われ
その後テチョ(父親)と息子が「うしょひいてけー」(牛を連れてこい)と掛けあいながら
田打ちと出産の喜劇を半分即興で演じます。

 

最後は籾種を撒き、それを頂いて帰る、
というのが大体の流れですが、それぞれ少しずつ違いがありました。

高江町南方神社の「太郎太郎踊り」は
地元の小学5〜6年生が田打ちの演じ、その後
オンジョ(祖父)とテチョ(父)と太郎(息子)と牛が登場。
なぜか最後に太郎が子供を産みます。
最後に籾種に見立てた玄米を神主さんが撒きます。

久見町諏訪神社の「次郎次郎踊り」は
オンジョではなくカカァ(母)が登場します。
子供はカカァが産み
最後に登場した演者たちが紅白の煎粉餅(いこもち)を撒きます。

水引町射勝神社の「次郎次郎踊り」は
地元小学生が葉のついた木枝で害虫を追い出すしぐさをします。
登場人物は、テチョ、牛、ハナドイ(牛の鼻もち)、モガオシ(牛の鋤押し)、ヨメジョ(嫁)。
終始無言で行われ、登場人物は白手拭いで覆面をしているのが特徴です。
男たちは観衆を害虫に見立て「トッゴロ」(火のついた丸太)で追い払います。
覆面の男がトッゴロを抱えて無言で追いかけてくるので、
大人でもちょっと怖いです…。
最後はヨメジョが出産し、籾種と落花生が撒かれます。

3月17日(日)には
いちき串木野市の羽島神社で太郎太郎踊りが奉納されるそうです。

笠沙町片浦のお伊勢講

【 開催地 】南さつま市笠沙町片浦地区
      片浦公民館片浦漁港

【開催日時】平成25年2月11日 浜下り15:00

笠沙地区では野間池、赤生木、小浦、片浦の4ヶ所でお伊勢講が行われています。

お伊勢講とはお伊勢参りに誰しもが行ける時代ではなかったので
寄附を募って地域の代表者が代参する仕組みの事です。

片浦のお伊勢講は片浦公民館での神事の後、
幟持ち2名を先頭に面を被り薙刀を持った二才(15歳の青年)、
太鼓、神輿、稚児、神主と続いて浜下りをします。

途中、二才たちが散り散りとなり薙刀で沿道の見物人の頭を叩きます。
小さな子どもたちは面が怖くて泣き叫んでいましたが、
この二才たちに叩かれると一年間無病息災で過ごせるそうです。

浜まで下ると野間岳に向って「オイヤナー、オイヤナー」と歌う、
とのことだったのですが、「オ、オ、オ、オー」としか聞こえませんでした。
同じ県下でもこの辺りの言葉は鹿児島市とまた少し違うので、
私が聞きとれなかっただけなのかもしれません。

これは下った浜(片浦漁港)の片浦恵比寿大明神。

阿久根市波留南方神社の神舞

 

【開催地】阿久根市波留
(波留南方神社の神舞保存会)

【指 定】県指定無形民俗文化財

【開催日時】平成24年8月26日(日)
      11:00〜14:00

 

 

 

 

 

 

阿久根市波留地区の南方神社の神舞(鹿児島では「かんめ」といいます)を見てきました。
何カ月も前から南日本新聞で何度も記事になっていたので、大変な見学者の数でした。

神舞は天照大神の岩戸隠れの神話を7つの舞で構成したもので、
神降ろし、瓶舞、弓舞、剣舞、田の神舞、将軍舞、鬼神舞の順で奉納されます。

本来は8年ごとに奉納されるらしいのですが、後継者不足で17年振りとのこと。
今年は阿久根市政60周年ということで、対象年齢を中学生にまで下げて
ようやく人員を確保し、なんとか奉納にこぎ着けたそうです。

子供のころから神舞を見てきたという地元の女性にお話を伺うと、
「今まで大人が舞ってきたものを子供が舞っていると雰囲気が全然違う。」
「昔はこんなに沢山白い布はぶら下がっていなかった。舞庭の羽二重だけだった。」
とおっしゃっていましたが、久しぶりの奉納で嬉しそうに話して下さいました。

1.神降ろしー舞のはじめにあたって、諸国から集合された神々の紹介や御礼を申し上げる舞

2.瓶舞(びんめ)ー集合された神々に神酒をすすめ、岩戸前の気勢を上げる舞

3.弓舞ー武の神々の勢揃いは勇ましく、
     その弓矢のひびきは一層気勢をあげるに役立つ 

4.剣舞ー諸の神々は、酒に酔い血気盛りの神々は剣を抜いて舞い、
     更に気勢があがった。また、この剣舞は占いやまじないの意味もあり
     神々の奇術の舞でもあろう。

     *)この舞で使用されている剣は真剣です。

5〜6.田ノ神舞・将軍舞ー岩戸前の八百万神々は、天鈿女命(あめのうずめのみこと)の
             田ノ神舞・将軍舞に腹をかかえて笑いだし、その賑やかさは
             最高潮に達する。

7.鬼神舞ー手力男命(たもからおのみこと:鬼神)は、岩戸をあけて
      大神をお迎えできた喜びに、大手を広げて感謝の舞を舞う。

*)舞の解説は、当日会場で配られた「神舞の概要について」より

南方神社の鳥居や参道の石祠には、海水の入った竹筒が掛けられていました。

 

北山の火振り

【開催地】日置市東市来町養母 北山集落(北山納骨堂広場)
【開日時】平成24年8月15日 午後7時〜
【指 定】日置市指定無形民俗文化財「北山の火振り」

毎年8月15日に北山自治会で行われる「北山の火振り」を見てきました。

「北山の火振り」は
その昔、北山殿と梅木殿が戦いに敗れた北山殿の霊を慰め、
精霊を送る行事と無縁仏を供養するためだと言い伝えられている。
現在は北山集落の青壮年を中心に毎年8月15日納骨堂前で行われ200年以上の歴史がある。
(東市来町教育委員会の解説より抜粋)

この行事は‘つが’を振るので火振りとよばれています。
つがとは、15日の朝に集落の竹林から切り出された5m程の孟宗竹の先端に
松明がくくり付けられたものです。
昔は松の根っこを1年かけて集め、それを松明として使用していたそうですが
現在は材料の調達が難しく間伐材が使用されていました。

日が落ちると、納骨堂前広場に掘られた穴に火をつけた つが を立て、
集落の男性たちが180度の弧を描くように振り始めます。

10m四方ほどの小さな広場で何本ものつがが勢いよく振られ、
見ている私たちの目の前を松明の火が行き交い、火の粉が降り注ぎ、
最後は松明ごと落ち、迫力と緊張感のある送り火です。

このつがを立てる穴は、納骨堂となる前にお墓があった場所なので
毎年場所と数は同じで、つがを振る人はその家の方だそうです。
県外に出ている人も15日には帰ってきて、ご先祖様のために火を振るのだそうです。

ちなみにお墓があった時代はお墓の横につがを立て、
振る人は墓石の上に立って振っていたらしく
不安定で落ちたり、火が落ちても逃げられなかったり
怪我人が絶えなかったとか。

最後は広場の奥に作られた櫓に火をつけます。
櫓にはお餅を竹に付けたものが四方に飾られ
てっぺんは弓矢に象られています。
この矢は北山殿が戦に敗れた梅木殿の集落を向いているそうです。

お餅飾りを作るのは集落の女の子の仕事で
集落の各家庭で作っておいたお餅を
当日いただいて回り竹に付けるのだそうです。

火をつけると勢いよく燃え盛る櫓に青年がのぼり
縁起物の飾り餅を取りにいき勇猛さを証明します。
青年がゴーゴーと燃え盛る火の中から無事戻ってくると
周囲からは自然と大きな拍手がわきました。

毎年40本以上のつが振られるそうですが、今年は例年より少なかったようです。

最後は花火で締めくくりでした。