木脇啓四郎描く 学芸講座

ただ今 鹿児島市立美術館で開催中の小企画展
「木脇啓四郎描く幕末・明治の薩摩藩文化官僚の画業学芸講座
に行ってきました。

現在「麑海魚譜」は、絵師 木脇啓四郎と二木直喜によって描かれ…
と紹介されているし、
第1 回水産博覧会の図書部門で最高賞を受賞しているので
鹿児島では木脇啓四郎は博物画(写生画)の絵師として
高い評価を受けてきた人なのだと思っていました。
ところが「薩藩画人伝備考」にも出てこない長年知られざる存在で、
近年注目されるようになったのだそうです。
当時の鹿児島画壇は粉本(絵の手本)を写すことによって技術を得とくしていく
狩野派が主流でしたが、写生を基本とする四条派で学んだ木脇啓四郎は
対象を正確に描き写す博物画の絵師として適任だったんですね。